難聴によって起こるめまいや耳鳴りの症状|早めに治療して病気を治療

医師

購入方法について

耳

補聴器は主に眼鏡専門店で販売されていることが多いですが、最近では通販でも購入することが可能です。眼鏡専門店ではオーダーメイドで自分に合ったものを作ってもらうことも可能なのです。

More...

難聴による対処法

病院

年齢を重ね60代頃になると聴覚障害によって難聴となるひとが沢山います。難聴は、耳が聞こえにくくなるのが主な症状となりますが、進行状況は人によって様々です。難聴による対処法にも様々なものがあるためきちんと対処しましょう。

More...

種類が豊富な専門店

ナース

眼鏡専門店には難聴の人が使用する補聴器が販売されており、様々な種類が豊富に揃っているのです。また、販売店では検査もおこなってくれるため、補聴器を選ぶ際には自分に合ったものを選ぶことができます。

More...

試すことが大切

マスクの女性

レンタルにおける試し利用も可能

難聴は時として自覚できない事があります。テレビやラジオのボリュームが大きいと他人から注意されたり、呼ばれる・話しかける行為に気づかないといったケースが多いです。難聴の治療や補助の一つに補聴器の利用があります。補聴器はレンタルにおける利用も可能であり、初めて使用する方にとって利用価値が高まるものとなります。本体を購入するには非常に大きな費用が掛かる、どのようなタイプを用いるかという意味合いでレンタルでのメリットが生まれるものとなるのです。ただし、レンタルといっても注意しなければならない事があります。難聴の程度は人それぞれであり、その程度に応じた補聴器の種類の選択が必要となります。また、症状の程度に応じた調整も必要となります。単に借りるだけではなく、しっかりとしたカウンセリングや検査、調整などを行わなければなりません。

補聴器の耐用年数について

補聴器の耐用年数は一般的に5年と言われています。ただし、あくまでも目安な話であり10年以上利用する事もあれば、1年で故障してしまう事もあるものです。補聴器は小さな精密機械であることからも、衝撃によって故障する事もあります。特に高齢者における手の自由が利かない方にとって、小さな機械の取り外しによって落下させる事も十分可能性があります。補聴器の保守も耐用年数に大きく影響するものです。聴覚との調整のついでに本体の保守が望まれるものとなります。補聴器のレンタルにおいては、落下保障、自然故障の保証付きとされていることがほとんどです。初めて利用する方にとっても安心して使用する事ができます。また、レンタルにおいて電池交換や調整・保守の費用も含まれている事があります。対応年数や機器の不具合を気にせずレンタル出来る事は大きなメリットとなります。

難聴による症状

難聴によってはめまいや耳鳴りといった様々な症状が起こる人もいます。ちょっとしためまいや一時的に起こる耳鳴りでも放っておくと症状が悪化してしまい危険であるため、まずは専門の病院へ行き医師に診てもらうようにしましょう。