難聴によって起こるめまいや耳鳴りの症状|あくまでも目安な話

医者

難聴による対処法

病院

聞こえづらくなったなら対応しましょう

加齢による聴覚障害である老人性難聴は、一般的には60歳代から自覚症状を発します。原因は、聴覚に関係する細胞が減少したり老化してしまうことにあるのです。進行状況は、個人差があるために人によって、聴力はバラつきがあります。高音域での聴力の低下が顕著であるので、女性の声や子供の甲高い声などが、特に聞こえなくなるという現象が見られます。孫との会話が少なくなったというお話をよく聞くのは、老人性難聴が関係しているのかもしれません。この不自由さを解決するには、手話を覚えるか補聴器をつけて聴力の衰えを、補ってもらうかになります。手話の場合は、周囲の人間にも覚えてもらう必要があるので、大抵の場合は補聴器を使う方を選びます。

補聴器は格好悪くないです

補聴器は、聞こえづらい音もひろってくれ便利な機器なのですが、つけるのを嫌がる人もいます。その理由の一つが、格好悪いと考えている人も少なくはありません。確かに、少し前までの補聴器は不格好でした。つけていることも、わかりやすく見栄えがよいとは言えなかったのは、事実かもしれません。しかし、一度販売店に行けばわかるのですが、以前のものとは格段に変わっています。販売店でも、聴力測定から機種の選択も手伝ってくれ、しっかりとしたカウンセリングをしてくれます。またライフスタイルにあわせた、リハビリプランを販売店が提案してくれます。販売店では、購入前に数日間の貸出訓練もしてくれ、アフターケアもしてくれるので安心です。